タブレットを持っている男性

ホワイト企業で働くために

こちらを見ている男性

先ほどのページでは、データサイエンティストの求人を探している方が自分を守るためにも、ブラック企業を選ばないことが絶対であるという話をしました。ですが、これを口で言うのは簡単です。ブラック企業もホワイト企業と同じ求人サイトに、同じように求人を出しています。データサイエンティストの仕事を探している方は、どれがブラック企業の求人であるかを見分けることができないでしょう。入社してから気づいたのでは手遅れです。求人情報でブラック企業を見分ける方法を知っておきましょう。
まず求人情報で気をつけて見ておくことは、社員を大事にする制度があるかどうかです。家族手当てはもちろん、社員旅行、活躍した社員を表彰する制度や誕生日休暇など、従業員が喜ぶことを積極的に取りれている会社であれば、心配はないでしょう。ブラック企業は従業員を使い捨てのように考えています。辞めても仕方ないと考えているんです。ですから、従業員を大事にする制度などは一切ありません。
次に注目すべきは採用条件です。データサイエンティストの求人の中にはスキルが不問といったものもあります。ですが、データサイエンティストには専門のスキルは必ず必要です。それにかかわらずスキル不問と書いてあるような企業は注意が必要です。採用条件が低すぎる企業は人の出入りが激しい証拠です。労働環境が悪いために人が続かないんです。ブラック企業を見極める指標になるでしょう。
データサイエンティストとしてキャリアを積みたい方は、必ずホワイト企業の求人を選びましょう。上記のことを参考にすれば、見つけることができるはずです。